イマドキ男子は脱毛男子 清潔感あるキレイ系中性男子が増えるワケ

草食系男子という言葉は近年少しずつ影を潜め、時代は「控えめ」というニュアンスを見た目の容姿にも求めるようになってきました。今最も評価されているのは、ずばり「清潔感」です!そんな中、美容業界では「脱毛男子」なるものに注目が集まっています。痛いと言われる「ヒゲ脱毛」に耐えてでも美しくなりたい理由、特に若年層の間で「中性的男子」が求められている事情を考えてみたいと思います。

イマドキ男子がキレイ系男子や中性男子になりたがる事情

0-3-1_kireikei
今では極当たりまえに「清潔感」という言葉が使われますが、「清潔」や「清潔さ」という言葉に印象を意味する「感」を重ねて使うようになったのはまだまだ最近の話です。どうして、この「清潔っぽいこと」が評価対象になり、その延長上でイマドキ男子が脱毛施術に走るのか…。もしかしたらおじさん世代の男性には理解困難な状況かもしれません。いくつかその事情を掘り下げて考えてみましょう。

1.美女が野獣を求めず、中性的男子を求めるようになってしまった

男性が変化する最もわかりやすい理由は「まさにこれ以外にない!」といっても過言ではないでしょう。ずばり、「女性側の好みの変化」です。どちらかと言うと、相手に合わせるというスタイルは男性よりも女性が得意とするものですが、いつの間にかこの行動パターンも含めて男性が女性的になってきたと言えます。

昭和初期の頃には「俺についてこい!」といった野獣スタイルに「男らしさ」が投影されていたわけですが、イマドキの女性は「同じ目線で考えられる中性的な男性」の方に価値を置くようになっています。もちろん、今の若い女性の中にも「男らしい男性の方がいい!」と言う人はいますし、見た目がワイルドな男性に憧れる女子もいます。

実際のところ、「中性的な男性が良い」と言いながらも、そんな中性的男子に壁ドンされるような少し強引な展開にキュンとする部分も残っていますので、傾向としては「見た目がキレイに整っている男子」で、「内面的には時々男を見せてくれる男子」を好む女性が増えてきたということなのだと思います。

何とも都合の良い「中性的男子」ではありますが、やはりそれでも男子は女性にモテたいですから、見向きもされないモジャモジャ男子としては「さすがに改めないと…」という見方が浸透してきたのだと思います。

また、社会的にも「DV」や「パワハラ」、「マタハラ」などがフォーカスされやすくなっていますので、強さの中に暴力性が垣間見え、野獣っぽさよりも中性男子の方が安心できるという傾向が加速してきたのでしょう。

2.豊かな社会が「清潔感」を追求し、それが「正しさ」と同義化しつつある影響

立ち止まって冷静に考えてみると、「清潔なこと」は決して「正しいこと」とイコールではありません。ところが、日本ではこれが重なるような場面が日常生活の中に数多く存在します。私たちは伝統的に学校教育の中で「掃除の時間」を体験し、トヨタの生産ラインに代表されるように「5S活動」や「3S活動」などで、「整理・整頓・清掃・清潔・躾」を重んじながら(あるいは評価しながら)日々を過ごしています。電車を待つ人たちが割り込みを良しとせず、「順番に並んで待つこと」が言わば社会ルールのように当たり前に浸透しています。

日本人が予定調和的に導き出したものが「輪を乱さない」という価値観

江戸時代ではおそらくここまでの「清く正しいルール」は浸透していなかったでしょう。時代が明治になり、社会システムが変化する中、「横並びで同じようにお隣さんと歩むこと」がこのような整った社会ルールを構築していったのだと思います。

つまり、争いごとを避けて平和に暮らすための「知恵」として、社会がいわば予定調和的に導き出したものがこのような社会秩序なのです。そして、社会が豊かになればなるほど少しずつ「今日を食つなぐこと」から、「日々快適に暮らすこと」へと社会がシフトし、現在では「輪を乱さない」という快適さの中に「心象を悪くしない」という「清潔感」が含まれるようになってきたのだと思います。

資源問題や環境問題などの地球環境が「整った美しさ」を強く意識させる側面も?

これはあくまでも一つの仮説に過ぎませんが、もしかしたら「資源問題」や「環境問題」などの危機的な地球環境が、「散らかっていたものを整えよう」という意識を後押しし、清潔感の評価を高めているのかもしれません。

ゴミ分別の徹底、リサイクルやリユースの促進、ペットボトルやレジ袋などのプラスチック消費量の削減、このような一連の資源保護活動以外にも、PM2.5などの大気汚染問題など、高度経済社会の中で犠牲になってきたものが見直されるようになり、「無駄の取り除かれた整った美しさ」にスポットライトが当たりやすい状況にあります。

TVメディアやニュースでこのような情報が流れるたびに、そして昨今では「新型コロナウィルス」の影響で手洗いなどが強く意識される中で、「清潔であること」だけでなく、「清潔に見えること」という印象部分にまで意識が及んでいます。

少し行き過ぎた部分で、「自粛警察」などと言ったワードも登場しましたが、こちらのネガティブな表現とは異なり、「清潔感」というキーワードは今後もグングンと価値観を上げていく状況でしょう。自分が既に若年層と呼ばれるような世代から遠のいている場合には強く意識できませんが、現代を生きるイマドキ男子であれば、「ヒゲや体毛なんていらない!」と思っても何ら不思議じゃない状況に来ているのだと思います。

脱毛男子はしっかりとツルピカのメリットを理解している

0-3-2_kirekieki

時代に押されているからという理由だけで、イマドキ男子が脱毛施術を受け入れているわけでもありません。これは言うまでもないことですが、彼ら自身がそこにメリットを見出しているからこそ、実際に「レーザー脱毛」という選択に舵を切っているのです。ここでは少し、医療レーザー脱毛の強み(メリット)をおさらいしておきましょう。

レーザー脱毛の最大のメリット:持続する脱毛力(清潔感の長期的維持)

医療脱毛のレーザー脱毛施術は、ムダ毛の毛根組織をレーザーの熱の力で破壊するものです。厳密には、毛根組織を破壊するのではなく「熱変性」させ、ムダ毛の製造工場を機能停止に追い込むことを狙っています。たとえば火傷した箇所で体毛が生えてこなくなるようなイメージで、これを皮膚表面をただれさせることなく、毛穴奥の発毛組織だけに実現させるものです。

なぜこのようなことができるのかと言えば、医療用レーザー脱毛器のレーザー光は黒いメラニン色素にだけ選別的に反応する性質を帯びているからです(選択的光熱融解理論)。日本人のムダ毛は黒いメラニン色素を多く含んでいますので、皮膚表面には熱がほとんど浸透せず、毛根組織に効率よく熱エネルギーを送り込めるのです。

具体的な脱毛の持続力は?

医療脱毛は昔から「永久脱毛」と言われてきましたが、これは「100%の確率で二度と生えてこなくなる」という意味ではありません。熱をしっかりと浸透させられた毛根組織については、概ね7割程度の確率でムダ毛の生成をストップさせることができ、施術から半年経った後でもそこからムダ毛が生えてこない状態を狙えるといったニュアンスになります。

厳密なところでは、アメリカの厚生労働省に該当する国家機関がレーザー脱毛の脱毛効果を以下のようにアナウンスしています。

アメリカの国家機関が認めるレーザー脱毛の効果レベル(基準) 
3度のレーザー脱毛を経て半年経過した時、当該部位の毛量が施術前と比べ67%以上減っているもの
これをレーザー脱毛の効果(能力)と考え、永久的な毛の減少(Permanent hair reduction)と評価している

ここで言われる「永久的な毛の減少」という表現が、「永久脱毛」という形で少しニュアンスを変えて残っていると捉えておくと良いでしょう。厳密には、レーザー脱毛以前の「絶縁針脱毛の効果に対する翻訳」に少し問題があったのですが、いずれにしましても、現状のレーザー脱毛が指し示す「永久脱毛」とは上記のような効果を意味しているとご理解ください。

ヒゲ脱毛でも7割弱なくなるってこと??

上記のような67%という数値については、3度の同部位施術を受けた場合の一般的な傾向です。そしてこれは、部位が持っている特徴などの影響も受けます(部位によって効果の現れ方は異なります)。

たとえば、「ヒゲ脱毛」や「濃い体毛部位」であれば、当院では施術回数と脱毛効果の目安を以下のようにご案内しています。

レーザー脱毛施術の一般的な施術回数と治療期間(目安)
対象部位  目標:ある程度の清潔感 目標:かなりのツルピカ感 トータル治療期間
ヒゲ脱毛  8回前後は必要 10回以上は必要 1年前後
濃い体毛部位  5回前後は必要 8回前後は必要 1年~2年程度

 

なお、ヒゲ脱毛では1ヶ月ごとであったり、体毛部位では3ヶ月ごとといった具合に、レーザー脱毛施術では「定期的な同部位照射」が前提になってきます。このような中長期的なお付き合いの中で、概ね1年程度を経過した頃には施術前との違いを十分にご認識いただけるようになっています。

ヒゲ脱毛については、「痛みとの闘い」というイメージもありますが、その先には「毎日の髭剃りからの解放」や「手間頻度の緩和」といったメリットだけでなく、当コラムが掲げているテーマ「清潔感が醸し出される中性男子」に近づけるという大きなメリットもございます。

ヒゲ脱毛の痛みについては、以下のコラムで詳しく扱っていますので、興味をお持ちの患者さまはご参照ください。

参照)ヒゲ脱毛は痛い!それでも挑む理由とメリット 痛み緩和方法は?

実は就活にも有利!? だから脱毛男子が増え始めている!

0-3-3_japanese_student
当コラムでは、なぜ今「清潔感」や「中性男子」、キレイ系男子が求められているのかについて、少し個人的な見解を含めてご紹介しました。また気になるであろう「医療レーダー脱毛施術のメリット」などについても中心的な部分をご紹介しました。

実は、「ヒゲ脱毛」などの目に付きやすい部位の脱毛施術については、学生さんにとって就職活動のプラスになるという側面もございます。企業の人事担当者の方でも社会的な風潮を捉え、清潔感が維持できていることを「自己管理力の有無」として評価する傾向が強くなってきています。このようなことから、当院でも就職活動に向けてヒゲ脱毛をする「就活脱毛」といったご相談に訪れる学生さんが増えつつあります。

当院の学生向け医療脱毛10%OFFキャンペーンならお得♪

0-3-4_student_image
当院では、これから社会に旅立っていかれる学生さん向けに「施術費用の10%OFFキャンペーン」を実施しています。個別部位の脱毛施術に対する初回費用の10%割引か、セットプランであればそのセット料金に対して10%割引した料金でご契約いただけるものとなっています。

学割制度
適用条件 内容
学生証提示 セットプラン:10%OFF

中性男子やキレイ系男子、イマドキ男子の脱毛施術を後押しできるお得なキャンペーンプランですので、ぜひ積極的にご活用ください。皆さまのご相談をお待ちしています。個別処方

関連記事

  1. メンズ医療脱毛医師

    メンズなら医療脱毛一択!レーザー脱毛でないとダメな3つの理由…

  2. 2メラニン色素と色素沈着

    【クリニック監修】ひげ脱毛は痛い!それでも挑む理由とメリット…

  3. カウンセリング

    医療用レーザー脱毛とエステ脱毛・家庭用脱毛器の効果の違い

  4. ヘアサイクル

    医療用レーザー脱毛で効果が出るまでの回数と通院期間の目安

  5. レーザーポインタ

    医療用レーザー脱毛とは?基本的な仕組みと注意点を解説

  6. メンズVIOの基本情報

    メンズVIO脱毛 医療レーザー脱毛がもたらすメリットとデメリ…

PAGE TOP