医療用レーザーでヒゲ脱毛|痛みや回数など、知っておきたい基礎知識

ヒゲ脱毛

男性が脱毛する部位といえばヒゲが代表的です。現代ではヒゲを蓄えるわけにはいかない職業が多く、こざっぱりとした清潔感のある顔のほうが女性の好感が得られます。ヒゲが濃いと毎日剃るのが大変ですし、剃ってもすぐに「青ヒゲ」状態になってしまうこと悩んでいる方も多いでしょう。一方、中にはヒゲをデザインするために脱毛する男性もいます。
エステサロンなどと違い、クリニックでは医療用レーザーを使って「永久脱毛」の施術を行うことが可能です。このページではヒゲの脱毛を考えている男性に向けて、施術を受ける際に知っておくと役に立つ医療用レーザー脱毛の基礎知識をまとめて紹介します。

医療用レーザー脱毛の仕組み

医療用レーザー脱毛は毛の根元にある毛包(もうほう)という部分を損傷する施術です。毛は毛包にあるさまざまな細胞の働きで成長します。毛包を損傷することで永続的な脱毛(いわゆる「永久脱毛」)が行えます。

医療用レーザー脱毛の原理

医療法レーザーを毛に浴びせると毛の中にあるメラニンが反応して熱を発生させます。この熱が毛包を攻撃する力です。レーザーを照射された毛はいわば導火線となって熱を毛包まで運び、毛包の細胞を損傷します。これにより毛の生え替わりが抑えられ、長期的な脱毛状態が得られます(※1)。
医療用レーザーに比べエステサロンの脱毛機や家庭用脱毛器はエネルギー出力が低く、毛包を損傷する力がないため、効果はあくまで一時的なものです。

医療用レーザー脱毛の痛み・副作用

毛には痛覚がないので燃えても痛くありませんが、毛包には多少の痛みが出ます。さらに、レーザーは毛周辺の皮膚の中にあるメラニンにも熱を生じさせるため、皮膚に鋭い痛みが走ります。皮膚が過度に加熱されてやけどをするリスクもあります(※1)。
一般的に、肌の色が濃い(色黒だったり色素沈着があったりする)ほどメラニンが多いため痛みが強く、やけどしやすくなります。

ヒゲには長波長のレーザーを使う

ヒゲは体毛の中でもとりわけ根が長く、皮膚表面の1センチメートル下あたりに根元があります。現在日本で脱毛のために用いられているレーザーは波長が短いアレキサンドライト、中くらいのダイオード、長いYAGの3種類で、ヒゲの脱毛では皮膚の深部までエネルギーが届きやすい長波長のYAGレーザーが主に用いられます(※2)。

ヒゲの脱毛はどれくらい痛い?

あごひげ

ヒゲは根が深く、密集して生えているため、レーザー脱毛による痛みが生じやすい部位です。
ヒゲの脱毛に使う長波長レーザーは根が深い毛に効果的で、肌の色が濃かったり色素沈着があったりしてもやけしにくいという利点があるのですが、痛みが生じやすいという難点もあります。また、毛が密集していると一度に多数の毛が熱せられるため痛みが強くなりがちです。
レーザー照射時には、皮膚を冷却したり特別な照射装置を用いたりすることで痛み軽減とやけど予防が図られます(※2)。痛みが強くて我慢できなかったり、痛みに強い不安があったりする場合は、麻酔をして痛みを感じにくくさせることも可能です。

ヒゲ脱毛の施術の流れと必要な回数

医療用レーザー脱毛の診療の流れと、効果を実感するまでに必要な施術回数について整理しておきます。

医師のカウンセリング

初診~施術開始

初診時には十分にカウンセリングを行い、毛・肌の状態(生え方、色合い、色素沈着、乾燥度、傷など)を確認しながら、患者さんと一緒に適切な施術方法を探ります。初回は施術を行わず、レーザーの効き方や痛みなどを確かめるためにレーザーの照射テストだけ行う場合もあります。脱毛の経過を記録していくために施術部位の写真撮影をするクリニックもあります。
施術時には出力や照射時間を慎重にコントロールしながらレーザーを照射します。痛みや違和感があったら遠慮せずに医師に伝えましょう。施術終了後にはクーリングや軟膏の塗布などのアフターケアを施します。

脱毛完了までに必要な回数

毛は伸びては脱け、また伸びては脱けるというサイクルを絶えず繰り返しています。伸びる時期(成長期)にある毛は全体の20%程度だと言われており、残りは成長が止まっているか脱けています。医療用レーザー脱毛は成長期の毛にしか効きません。つまり、1回の施術で処理できるのは2割程度に過ぎないのです。
部位全体を脱毛するには最低でも5回程度の施術が必要ということになりますが、ヒゲは根元が深いため脱毛の効率が悪く、さらに回数がかかります。個人差がありますが、10回程度の施術が必要な場合が多く、もっとかかる例もあります。
また、一度施術をしたら他の部分の毛が成長してくるのを待つために待機期間を設けなければなりません。どれくらい待つのがよいかは脱毛部位や個人による差があります。ひげは比較的成長サイクルが速いため、2週間程度の間隔で十分な場合もあります(他の部位では平均6~8週間程度の間隔をあけます)。

ヒゲの減毛・デザイン脱毛という選択肢も

必ずしもあごやほほの全体を「ツルツル」にしなくても、ほどほどに減毛するだけでもずいぶんケアが楽になり、清潔感を得ることができます。ヒゲ脱毛にかかる時間や費用を考慮して減毛にとどめておくのも一つの選択肢です。
また、好みのスタイルのヒゲをきれいに保つために無駄な部分だけを脱毛する「デザイン脱毛」という選択肢もあります。こざっぱりと仕上げることにより、清潔感を保ちながらおしゃれなヒゲスタイルが楽しめます。
どのような選択をするにしても、自分の要望をしっかりと伝え、目的やイメージを医師と共有することが大切です。

リファレンス
※1)日本レーザー医学会誌2012 年 32 巻 4 号 p. 444-451「光が皮膚に与える影響」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/

jslsm/32/4/32_444/_pdf/-char/ja
※2)第40回日本レーザー医学会総会抄録集「シンポジウム5 皮膚科・形成外科における最新レーザー治療:美容 S5-4 脱毛ニーズの多様化と脱毛レーザー機器の進化」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/

jslsm/40/3/40_jslsm-40_0049/_pdf/-char/ja

 

関連記事

  1. カウンセリング

    医療用レーザー脱毛とエステ脱毛・家庭用脱毛器の効果の違い

  2. メンズ医療脱毛医師

    メンズなら医療脱毛一択!レーザー脱毛でないとダメな3つの理由…

  3. 0-3-4_student_image

    イマドキ男子は脱毛男子 清潔感あるキレイ系中性男子が増えるワ…

  4. 2メラニン色素と色素沈着

    【クリニック監修】ひげ脱毛は痛い!それでも挑む理由とメリット…

  5. メンズVIOの基本情報

    メンズVIO脱毛 医療レーザー脱毛がもたらすメリットとデメリ…

  6. レーザーポインタ

    医療用レーザー脱毛とは?基本的な仕組みと注意点を解説

PAGE TOP